趣味のはなし 音楽が題材の映画|北九州市八幡西区の歯医者

北九州市八幡西区の歯医者ならしみずファミリー歯科

ブログ

0936421184

月~金

9:00~12:00/14:00~19:00

土曜日

9:00~12:00/14:00~17:30

休診日

日曜日/祝祭日/第1・3木曜日

ブログ

趣味のはなし 音楽が題材の映画

ブログ 2021年09月21日

音楽を題材にした映画としては「ラ・ラ・ランド」や「ボヘミアン・ラプソディ

古いところでは「フットルース」などありますが、今回は変化球の音楽映画

ご紹介させていただきます。

 

 

 

セッション

 

この作品はアカデミー賞3部門受賞をしていてご存じの方も多いかもしれません。

 

内容としては偉大なるドラマーを目指す音楽学校の学生と、学内最高の指導者との

魂のぶつかりあいを描いた物語です。

 

普通の成功ものの音楽映画として見始めてしまうとどんどん展開が変わっていき

いい意味で裏切られてしまうかもしれません。

 

登場人物の鬼気迫る熱量の感じられる演技がとてもすばらしくテンポよく見れます。

 

 

 

イエスタデイ

 

異世界転生ものといいましょうか、あるシンガーソングライターが「ビートルズ」の

いなかった異世界(?)へ飛ばされてしまう物語です。

 

この主人公がビートルズの曲を使って異世界を無双するというお話ですが、作中で

使われるビートルズの曲のその場面にあった選曲や、主人公が富や名声恋愛とを

天秤にかけ葛藤するなど細部まできちんと作られています。

 

SFでありながらファンタジーな音楽映画の傑作の1つと思います。

 

 

 

サウンドオブノイズ

 

街中の様々なもので音楽をやってしまおう、という音楽テロリストの映画です。

 

ストーリーとしては先に言ったように手術室銀行にあるもので音楽を奏でたり

重機を使って音楽を奏でたりしようというもので、ストーリーというストーリー

はあまりないようなものと思っています。

 

どちらかというと、音楽ってものに対しての既成概念をぶっ潰そう、って感じの

映画で、たしかに1つ1つは確実に音楽しているんです。

 

少し変わった音楽映画として音楽の世界に浸れる映画です。

 

 

 

ダンサー・イン・ザ・ダーク

 

歌手ビョークさんが主演のミュージカル系映画です。

内容は割愛させていただきますが「うつ展開映画」の1つとしてかなり有名です。

 

主人公の空想部分きちんとしたカメラワーク現実部分はワザと手ブレもある

ハンディカムの様相をとっていて、視聴者にも空想と現実がわかりやすいように

作られています。

 

初見の方は、「暗い気分になりたい」というときに観る方がいいかもしれません。

 

 

 

 

以上、いくつかの変わり種の音楽映画をご紹介させていただきました。

気になった映画がありましたら是非ご覧ください。

 

北九州市八幡西区     しみずファミリー歯科  清水 敏博

 

ページトップへ

HOME 電話 アクセス