趣味のはなし  裁判を扱った映画|北九州市八幡西区の歯医者

北九州市八幡西区の歯医者ならしみずファミリー歯科

映画

0936421184

月~金

9:00~12:00/14:00~19:00

土曜日

9:00~12:00/14:00~17:30

休診日

日曜日/祝祭日/第1・3木曜日

映画

趣味のはなし  裁判を扱った映画

映画 2021年05月21日

再度の緊急事態宣言が出され、福岡県では大型商業施設や娯楽施設の土日の

休業要請がだされました

コロナワクチンの接種がすすんでいるので、出口は見えているとは思いますが

まだ時間はかかりそうです。

 

こんな時は(というか、いつもですが)ビデオでお家時間を楽しみましょう。

 

今回は様々な裁判を扱った映画についてご紹介させていただきます。

(なお、子供さんの視聴には不向きなものもあるのでご注意ください。)

 

 

 

 

・A Time to Kill (邦題:評決のとき)

 

幼い娘を強姦、暴行された黒人労働者の父が犯人の白人青年2人を射殺してしまう。

その父親を弁護する白人弁護士が主人公の物語です。

 

この物語には上の解説でもお分かりのように人種差別主義が根底にあり、最終的には

裁判の行方をめぐり街が白人と黒人(とそれを支持する白人)とに分かれ対立してしまう

までに発展してしまいます。

 

登場人物それぞれの性格や考え方のわかる描写もいいのですが、やはりメインは裁判

部分です。特に弁護側の最終弁論は間のとりかたを含めかなりすごくいいです。

 

そしてラストでもう一度すがすがしくさせてくれるおすすめ作品です。

 

 

 

・英雄の条件

 

イエメンのアメリカ大使館包囲デモが起こり、大使館員救出に向かった海兵隊員が

暴徒化した民衆に発砲してしまい数十人の死者を出してしまう。

 

発砲を命じた大佐は軍法会議にかけられ、その責任のすべてを負わされそうになり

かつての戦友に弁護を依頼し自分の潔白を証明しようとする。

 

この映画は色々なことを詰め込み過ぎるくらいに詰め込んでいて、何を焦点として

観るかによって感想は分かれるかもしれません。

 

私は登場人物の行為に対し「正しいことを行った」という気がしないからこそ、

「果たして極限状態での対応としては何が正しかったのか」という自問が起こります。

 

戦争を含め争いは「正義と正義のぶつかり合い」であることが多々あり、だからこそ

理性的な対応(当然それが一番重要とは思いますが)だとそれは命に関わることも

あることと思います。

 

観かたによってはスッキリするかもしれませんが、いい意味でのモヤモヤも感じてください。

 

 

 

・スリーパーズ

 

4人の悪ガキ仲間の悪ふざけが過ぎ大事故を起こしてしまい、少年らは少年院に送られてしまう。

そこで少年たちは多くの看守たちから性的虐待を受け、心に深い傷を負ってしまう。

 

やがて少年たちは成人し、ある時そのうちの2人が偶然に(元)看守の1人とレストランで

出会い、少年時代の復讐として看守を射殺してしまう。

 

その2人の仲間を救うために、現在検事補(検察側)となった者、新聞記者となった者が奮闘し

無罪を勝ち取っていく物語です。

 

これも賛否が分かれる映画かもしれません。

 

少年時代に行った行為は、例え彼らの境遇が恵まれなかったとしてもそれをもっと恵まれない

者に発散していいものでもないし、人を射殺したり神父に嘘の証言(裁判の証言の際には嘘を

つかないことを神に誓うをしてもらうなどもってのほかです。

 

しかし、彼らが少年院で受けた傷はそれ以上のものであろうし、一生付きまとうものと

考えてしまい、ともに耐えた仲間を救うために自らを犠牲にする姿に感動してしまいます。

 

 

 

・39 刑法第三十九条

 

刑法第39条にある「心身喪失者を責任無能力として処罰せず、また、心身神耗弱者

限定責任能力としてその刑を減軽する」に対し、強い問題提起をしている映画です。

 

妊娠中の妻と夫が刃物で惨殺される事件が起こり、犯人として役者の青年が逮捕される。

 

この青年が殺人を起こしたことに間違えはないが、この夫婦とは大きな利害関係もないのに

なぜこんな事件を起こしたのか不明なおり、この青年が突発的に別人格になることがわかる。

 

彼を多重人格と判断した精神鑑定に疑問を持った精神鑑定人の助手刑事被害者の過去から

真相に迫っていく。はたして彼のもう一つの人格とは。

 

かなり面白い内容で刑法39条というのがすごくストーリーに絡んできます。

法律というのは決して万能ではないということがよくわかる映画です。

 

 

 

 

以上、裁判ものの映画はどうしても完全ハッピーとはなりづらいものが多いですが

 

お気に召すと幸いです。

 

 

北九州市八幡西区    しみずファミリー歯科  清水 敏博

 

ページトップへ

HOME 電話 アクセス