趣味のはなし これってSF?なeig|北九州市八幡西区の歯医者

北九州市八幡西区の歯医者ならしみずファミリー歯科

ブログ

0936421184

月~金

9:00~12:00/14:00~19:00

土曜日

9:00~12:00/14:00~17:30

休診日

日曜日/祝祭日/第1・3木曜日

ブログ

趣味のはなし これってSF?な映画

ブログ 2021年04月20日

まだまだ外出にも気を遣う日々が続いています。

 

私は外出を控えたこの機会に、食わず嫌いだった感動系の映画や昔懐かしのテレビ番組

などを観ています。

 

今回は私の好きなジャンルの1つ、SFの中でも「これってSFって言ったらSFだけど

となる映画をご紹介させていただきます。

 

 

 

モンスターズ/地球外生命体

 

メキシコの一部地域に地球外生命体が住み着いてしまった世界で、カメラマンの男

上司の命令で社長令嬢をメキシコからアメリカ国境まで送り届けるという内容です。

 

これだけ聞くと、屈強でタフな男がエイリアンを倒しながらアメリカへ向かうように

感じられますが、ノンノン、まったく普通の男です。

 

地球外生命体とメキシコやアメリカの軍隊が戦っているそのすぐ横で普通に生活を

している人々、所々にみられる有事ゆえの人間模様特別な力のない者たちの抵抗

全体的に淡々と話が進んでいきます。

 

かなり低予算で作られた映画とのことですが、なぜか記憶に残ってしまいます。

最初のシーンの回収が最後にありますのでそれを踏まえるとなお面白いかもしれません。

 

 

 

トランスワールド

 

森の中にポツンとある山小屋3人の見知らぬ男女がそれぞれの事情でたどり着く。

この山小屋から抜け出そうとするも、いくら森を歩いても必ずこの小屋に戻ってしまう

やがて、3人はそれぞれ全く異なる場所別の時代の人間たちだとわかる。

 

始まりから中盤までは始終不穏な雰囲気をかもしだしていて、SFホラー系の雰囲気が

流れますが、終盤の「実はこうだった!(ネタばれなのでここは内緒です)」という

種明かしで全然SFホラーではないことに気づきます。

 

色々とご都合主義的な面もありますが、それらを寓話のように描いているので、

純粋なSFとして見てしまうと矛盾も多いです。

しかし、それを突っ込まずにみるとかなり楽しめる映画です。

 

 

 

サバイバルファミリー

 

ある日突然電気が消滅してしまい、電化製品のみならず、水道ガスなどのライフラインも

使えなくなってしまった場合、どのように生き延びるのか。

内容としては上に書いてある通りなのですが、まあ、サバイバルというほどではありません

 

普段何気なく生活しているところに突然の災害が起こった場合に、人間は強制的に原始的な

生活を強いられてしまうことが考えられます。

その時にどのように考え行動し対処していくことが最善なのか、、、

なんてHowTo的な映画ではないし、人々が逃げ惑うパニック系の映画でもありません

 

普段は頼りないお父さんが、家族のために精一杯(方向性がちょくちょく間違っていますが)

頑張るお話です。

あまり力をいれず気楽に見ることをお勧めします。

 

なお、サバイバル(生き残る)に関するものとしてはゴルゴ13で有名なさいとう・たかを先生

サバイバル」という漫画はとてもよく描かれていてHowToものとしても逸品です。

 

 

 

 

以上、いくつかの映画をご紹介させていただきました。

 

お気に召すと幸いです。

 

 

北九州市八幡西区    しみずファミリー歯科  清水 敏博

 

 

ページトップへ

HOME 電話 アクセス