歯磨きについて -歯ブラシの持ち方について-|北九州市八幡西区の歯医者

北九州市八幡西区の歯医者ならしみずファミリー歯科

ブログ

0936421184

月~金

9:00~12:00/14:00~19:00

土曜日

9:00~12:00/14:00~17:30

休診日

日曜日/祝祭日/第1・3木曜日

ブログ

歯磨きについて -歯ブラシの持ち方について-

ブログ 2018年02月20日

歯磨きについてのお話です。

 

前回は、様々な歯ブラシや補助的に使う道具についてお話させていただきました。

今回は、歯ブラシの持ち方についてです。

 

歯ブラシの持ち方?と、疑問に思われる方もいることと思いますが、きちんとした磨き方で磨くためには、

きちんとした持ち方の方がやりやすいのです。

 

 

1.ペングリップ

 

 

 

図のようにペンを持つように歯ブラシを持つ持ち方です。

 

この持ち方は、

力加減が調整しやすく、やさしい力加減で磨くことができる。

手首を使うことで、小刻みに歯ブラシを動かすことができる。

方向が変えやすく、角度当て方の調整が簡単にできる。

という利点があります。

 

逆に、欠点としては

持ち方が難しいので小さいお子さんには困難。

指先の力がある程度必要なので、筋力の落ちた方には困難。

ということがいえます。

 

 

 

2.パームグリップ

 

図のように手のひらと親指を使って歯ブラシを持つ持ち方です。

 

この持ち方は、

小さいお子さんなど、ペングリップで歯ブラシを持てない方。

・ペングリップだと力が入らない、指の力の弱い方

・関節などの問題で、手首の動きが悪い方

などには有効です。

 

この持ち方は、歯ブラシを歯に当てる力が入りやすく細かい動きが苦手なため、意識して

やさしく細かく動かすようにしたほうがいいでしょう。

 

 

(わかりやすく解説するため、一部に学術的に不確定な部分がありますことをご了承ください。
また、研究者のなかでも意見の分かれる部分では私が正しいと考えたほうの意見を参考にしています。)

北九州市八幡西区 しみずファミリー歯科 清水敏博

 

 

ページトップへ