インプラント治療|北九州市八幡西区の歯医者

北九州市八幡西区の歯医者ならしみずファミリー歯科

インプラント治療

0936421184

月~金

9:00~12:00/14:00~19:00

土曜日

9:00~12:00/14:00~17:30

休診日

日曜日/祝祭日/第1・3木曜日

インプラント治療

インプラントについて

インプラントについて

インプラントとは、歯の無いところの骨に、生体親和性のある金属を埋め込み、それを歯の代わりにすることをいいます。

ここでは、自分の歯を一度抜き、別の所に移植する歯牙移植についても説明していますので、あわせてご参考にされてください。

インプラントによる冠、ブリッジ

インプラントを1本から数本埋め込み、それを自分の歯と同じように扱い、冠やブリッジを作る方法です。

歯が無いところの前後の歯がある場合、普通は削ってブリッジを作りますが、インプラントの場合は前後の歯を削らずに処置できますし、普通、部分義歯でしか対応できない場合でも、インプラントならば固定式にできる場合があります。

インプラントによる義歯

総義歯(総入れ歯)の場合、どうしても義歯が安定しなかったり、浮いてきたりします。そのような場合に2~4本のインプラントを埋め込み、そこにアタッチメントという入れ歯を安定させる装置をつけ、部分義歯並みに義歯を安定させる方法です。

料金は埋め込み料が1本につき158,000円(総義歯の一部の場合)~242,000円ですが、その他、検査料がかかります。
また、必要な場合、歯茎や骨の手術も必要な場合があります。上に作る冠や義歯は、いずれも保険がききません。また、義歯は金属床義歯となります。詳しくはスタッフまでお問い合わせ下さい。

全身状態や骨の状態によっては、インプラントが出来ない場合があります。
インプラントの埋め込みから、冠や義歯を作るまで6ヶ月以上かかる場合があります。
症例によっては出来ない処置もありますので、主治医とよく相談されてください。
詳しくは、受付または主治医までお尋ねください。

歯牙移植

虫歯などにより歯を抜く場合、その歯が無いと義歯(出し入れ式の入れ歯)になってしまうようなときに、別の歯を抜いたところに移植する手術です。
主に親知らずを使うことが多いですが、そのほかの歯でも条件が整えば可能です。
あわせて歯茎の手術が必要な場合もあります。保険で出来る場合は、条件にもよりますが、1本につき約10,000円、保険のきかない場合は30,000円~です。

全身状態や歯や歯茎の状態によっては、移植が出来ない場合があります。
どの歯を移植に用いるかなど、良く主治医とご相談ください。
歯の根の治療や冠など、一部が保険がきかなくなる場合があります。

インプラントの治療例

例1)義歯を入れたくない、義歯が気持ち悪い

例1)義歯を入れたくない、義歯が気持ち悪い

義歯は、歯ぐきの部分がついていて、歯のある状態より大きいものです。
その為、異物感というものは多少なりともあります。

また、若干の動き揺れが有り硬いものがよく噛めないという事や、出し入れする事自体がイヤという事もあります。このような場合は、インプラントを用い固定式の冠にする事ができます。

例2)ブリッジにする為に前後の歯を削りたくない

例2)ブリッジにする為に前後の歯を削りたくない

おぎなうべき歯の数が少ない場合は、ブリッジという固定式の「かけ橋歯」を作る事ができます。しかし、その為には、前後の歯2本以上を削って土台にしてやらないとなりません。

この土台の歯が、きれいな白い歯だと、見た目や歯の寿命的に削りたくはないというのが患者・歯科医師共通の感情です。このような場合は、歯のない部分にインプラントを用い、単独の治療をする事ができます。

例3)総義歯が動いてうまく噛めない

例3)総義歯が動いてうまく噛めない

総義歯、特に下の場合はそのほとんどが歯ぐきの上に乗っているだけの状態です。この状態で強く噛むと義歯滑って噛みづらかったり、痛かったりします。

この時インプラントを2~4本用いて、そこに義歯が動きにくい装置を付ける事で義歯を安定させる事ができます。

インプラントは、1本あたり23万円(税抜)となっています。
骨の状態によっては、追加手術が必要な場合があります。
冠や義歯の費用は上記には含まれていません。
詳しくはスタッフにお聞き下さい。

ページトップへ