お口のはなし  -虫歯についてー  補足・意見など2  |北九州市八幡西区の歯医者

北九州市八幡西区の歯医者ならしみずファミリー歯科

ブログ

0936421184

月~金

9:00~12:00/14:00~19:00

土曜日

9:00~12:00/14:00~17:30

休診日

日曜日/祝祭日/第1・3木曜日

ブログ

お口のはなし  -虫歯についてー  補足・意見など2  

ブログ 2017年02月03日

今回も前回に引き、今までのブログ「-虫歯について-」で書いたことについて、疑問や他の意見について

Q&Aの形式で少し補完していきたいと思います。

 
Q.糖質をとらなくても人は体で糖を作ると聞いたけど、ならば糖質をとらなければいいんじゃないの?

 

 

A.一部のみ正解と思います。人間の体は糖質を摂取しなくても体の中で糖を作れるのは本当です。
今流行の糖質制限ダイエットなどは、この原理を応用しているみたいです(違ったらすみません)。
糖質が少ない場合、脳へブドウ糖を送るために、筋肉などのタンパク質が分解され、それを原料にブドウ糖が
作られます。成人した方がやる分については(自己責任において)いいと思います。
しかし、成長期の幼児や学童児ではどうでしょう?どんどん筋肉などを作りたい時期にこのようなことを
行うのは、「私は」反対です。
ちなみに、成長期に対する糖質制限(砂糖制限でなく)については文献など見つけられなかったので
あくまでも「私見」ということでお願いいたします。

 
Q.幼児期、学童期の砂糖はだめなの?

 

A.かなり本当といえます。現代社会では砂糖の量がかなり過剰なためWHOでも砂糖の摂取量について提言が
されています。
虫歯的に砂糖の悪いところは、「すごく甘い」ということです。小さいころから砂糖の量の多い食事をした場合
脳の働きにより、砂糖のような直接的な甘みの食品ばかりを求めてしまうことになりかねません。
甘いものは精神的に幸福感をあたえますので、すべてを否定するわけではありませんが、毎回たくさんの量を
摂取することは問題だと考えています。
なお、砂糖の害についてはかなり多くのことが流布していますが、その多くが量について言及していないので、
私は頭ごなしに「砂糖は悪」とまでは言いません。

 

 

 

Q.代用甘味料って歯にはいいみたいだけど体にいいの?

 
A.いいえ。代用甘味料は本文で話したように為害作用があります。現在は使用されていない代用甘味料では

かなり 重篤な副作用を起こすものまでありました。
現在、使用されている代用甘味料はそこまでの副作用はない(と私は思います)ですが、やはり

一部のものについては 様々な害がありますし、一部の研究者によってはかなり過激な発言も見受けられます。
ただ、「人工的に作られたものだから悪い」という意見には賛同できません。なぜなら、白砂糖も

その精製過程で かなり人工的な作業をおこなっているのです。よって、人工的でない甘味料というと

かなり制限してしまうことに なり、非現実的といえるからです。

 

 

 

もう少し、QアンドAは続きます。

 

 

(わかりやすく解説するため、一部に学術的に不確定な部分がありますことをご了承ください。
また、研究者のなかでも意見の分かれる部分では私が正しいと考えたほうの意見を参考にしています。)

 

 

北九州市八幡西区 しみずファミリー歯科 清水敏博

ページトップへ